きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

23.なんだかんだ泥臭いほうがうまくいってる

僕はスマートな人間になりたかった。

 

 

1を聞いて10を知るような、事前に予測して先手を打つような、努力のあとを感じさせないようなそんなシュッとしてピッとしてso coolな人間になりかった。

 

 

が、

自分がcoolに振る舞ったところで、なに?何でそんなテンション低いん?て言われるし、たまにパンツ裏表逆の時しゅっちゅうあるし

人生振り返る限りどうもそんな気はしない。

 

なんか今思えばうまくいったなぁと思うのは自分のリソースを全部ぶち込んでやったときだ。効率?生産性?何それ?といった感じだ。

 

部活動も四の五の言わず泳いでいたら近畿大会までいけた。

 

受験勉強も、効率とかガン無視で毎日10時間くらいやったら受かった

 

大学のサークル活動も毎日四六時中(授業ですら、、、)プスプスボイパやってたらなんかテレビ出れた

 

就活も、

仕事も、

人間関係すら、、、

 

自分の小賢しいところを取っ払って頑張ったらようやく結果を得られている。

 

だから思い返してもそれは恥ずかしいことがいっぱいで、お前授業中ボイパしてたなうざかったわとかよく言われるので自慢などできない。本当は手でろくろ作りながらドヤ顔で語りたいわ。

 

だから前述のようなスラッとしてシャンとしてシトラスミントのような香りがしそうな人間(多分そんなこと書いてない)になりたかったけど、30手前にしてこれはもうあきらめるしかないなとなっている。気づくの遅。

 

ただそうやって泥臭くやることは自分の得意と気づいている念能力で言うと水見式やれば水溢れる系やわ、強化系、具現化系がよかった。手に鎖具現化したかった。残念。

 

まぁともかくうまくいく法則もなんとなくあるなと思っている。

 

泥臭く頑張ったふりをして大学院を落ちた経験があるのだけど、それを思うにそうやってわき目をふらず頑張って結果を出すには

 

同じ志のベクトルを持った人の近くでやると上手くいきがち(RG風)だ。

 

受験のときは予備校仲間がいたからうまくいったし仕事にしても一緒に引っ張ってくれた先輩達がいたから何とかなった。

 

そしてそういう風な人間を惹きつけるのもやっぱ泥臭さなんやろうな。と思う。

 

もっと良い表現ないんか。まぁいいか。

 

でなんでこんなん書いたかと言うと最近自分頑張ってんのか小賢しくやろうとしてるちゃうか?となっているから。

 

自省をこめて。

 

もっとガムシャラにならんなあかんね