きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

40.経験しないと分からないこと多い

子育てしていてしんどいと思うことやそれでも楽しいなと思うことなどたくさんあるのだが、じゃあこれを生まれる前に想像できたかと言えば嘘になる。

 

想像してたよりしんどいのベクトルが違うかったり(とにかくあらゆるところで寝れないタイミングがくるとか)

そしてそれ以上に想像したより楽しいというか幸福感があるということだ。

 

これ言葉でかくとその通りなのだけど何だか伝えきれない部分が多い。

幸せと感じる部分が例えば普段帽子被るの嫌がってるのに外に出たいときだけかぶって抱っこせがんできたりとかそんなちっぽけなことなので伝えるのは難しい。

 

で何が言いたいかというと人間想像力があるからこそ思いやりができたりや革新的な技術を生み出してきたのだけど、限界があるなと思っている。

実際に経験しないと分からないこと、そして経験したからこそ想像力が活きるとさえ思う。

 

最近はそれこそ情報は片手間に調べることができて誰かの経験を文字や映像で追えるには追えるのだけど経験に敵わないなと思う。

 

だから情報を得ることで満足してしまうこと、例えば仕事で言えばこういうスペック、性能があるからこの車はショボいだとか良いとか判断するのてすごい危険に思える。数字だけをおってしまうような状態が怖い。

 

それが例えば数値が低くとも全体としてバランスがとれていてそれが乗らないと分からないものであることが多い。

 

だから開発していてもまずはどんな車か製品かを見るだけでなく使って経験におとしこむことてすごい大切だなと思う。

 

だから僕は積極的に今携わっている製品は出来る限りの使って理解して経験と身につけていきたい。

 

 

 

、、、なんのはなしだっけ?あ、子どもは可愛いねて話でした。笑