きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

67.英語より大事なもの。

海外拠点とのやりとりを通して。

英会話さえできればいいかとおもっていたのだが、当たり前ながら違うなぁと感じたことについてメモ程度に残す。

 

そもそも一般的な英会話は勉強しているもののそれだけでは足りないなぁと感じていてそれは言葉で表すのは難しいのだけど、文化とか空気感たとかそのようなものを理解しないとその違いによる摩擦で精神すり減るなと感じる。

 

 

例えばインドの人とやりとりするのだけど、メールでどんどん聞いてくる割に返信したら返ってこないとか。笑

そしてやたらあおる割にこちらのあおりはスルーされるとか。笑

自分が当たり前だと感じていることとは違いがありそこになかなかギャップを感じ少なからずストレスがある。

 

だけれども、例えば上のような人でも電話すれば案外気さくだし、頼み事も融通がきくときがある。

 

メールのやりとりだけでなくちゃんと言葉をかわすほうが早くなったりするのだなと思った。いま電話嫌いという人少なからずいるけど電話したほうが早い場合案外ある!笑

 

そしてアメリカ人はプロセスとか気にしないけど妙に細かいところがありそこについて曖昧な返事はゆるさないところもある。

そういったところが最近理解できてきた同時に日本人らしく忖度しながら相手への歩みよりをしようと思っている。

 

そしてこういろんな人と絡んでいるわけだけれども、皆さん何々人だから賢いそうではなくて一人一人、日本でも同じように個性があってだからこそ必要以上に自分を卑下せずフェアにやっていくことが大事なだなと感じている。

 

今年で相手への信頼をかちとることを目標にしているのでがんばります。