きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

75.バーフバリ伝説誕生をみたよ(感想ネタバレ)

同僚のインド人にオススメのインド映画ない?と聞いたところこちらがおすすめされました。


f:id:kojik1018:20190215174857j:image

 

バーフバリ 伝説誕生

バーフバリ 伝説誕生 - Wikipedia

 

見てとおり明らかに濃い見た目と期待できる内容になります。

何気にかなりヒットしていてインド映画のあらゆる記録をぬりかえているとのこと。

 

これしかも長編大作で二部作×二時間半弱という大作っぷり。

 

かなり気になります。ちなみにYouTubeでも広告見れます。ということでAmazonprimeで早速レンタル。

 

400円案外高いが、これもインド人への理解がすすむと思ってみてみました。

 

 

感想は一言でいうと

 

インド版ロードオブザリング

といったところでしょうか。例えわかりにくくてすみません。

しかし

二時間半と感じさせないスピードそして詰め込み具合。時系列は1日二日くらいの感覚なのですがたきのぼったあと様々な出会いがあり王国に乗り込み強そうなやつが一瞬でやられたり主人公の生い立ち編まで入り急に戦争ものになったり正直に言えばやや理解が追い付かない。

 

 

ふんだんCG を使った大袈裟ともいえるCG もまぁインドならありそうやなと腑に落ちるし←

なんかほとんど出会ったばかりの女の人と突然いちゃつき初めてもはっきりいって違和感がありません。

 

いやなんといってもいちゃつきシーンはかなり斬新だった。

女の人が怒って剣振り回してるのにそれをいなしながら女の人のメイクをしていって美人にする謎シーンは決して日本では味わえない異文化がそこにあります。

もう一回あそこはみたい。

 

そして戦いのシーンはやや中国映画に近かったけど大勢の蛮族と戦うシーンは胸が熱くなる展開だし、象やら牛やらそして謎にプロペラ状の刃物が回転する謎の乗り物はマッドマックス感があり最高にエキサイティングでした。

 

そして最終的には最後は次が気になるような形で終わり次も是非見ないといけないといまなっています。

 

あ、ちなみにインド映画にしては歌とダンスは控えめ、ただまぁララランドくらいにはあったかな。あれもよかった。

 

このバーフバリ、みんなでみたり語り合えたりするのでぜひみて語り合いましょう。

 

おすすめです。