きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

82.英語のミーティングでこころがけていること

最近ミーティングはほぼほぼ海外拠点のため話さなければならずそのため当たり前だがそこでの会話は英語だ。

 

幸か不幸か、相手方も我々日本人を含め様々な国からと会話をすることになるのでアメリカ人とも英会話は発生するもののかなり易しいほうだとおもう。僕が目指したい理想はどんな相手でもひとまずは英会話でコミュニケーションとれてことを主体的に進められる人間になるところだけれど、まずは入口としてありがたいことである(ちょっと情けないけど)

 

とはいえ何も準備せずに話すのはできなかないけどなにも進まなければ意味がないのでほんの少しは準備と心構えをする。

 

ひとつは簡単な質問文はあらかじめつくっておくこと。

 

When is this event ~

How many ~

What ~

Why~

など

作る。頭でもいいし。文章でもいい。でも必ずここできく、決めたいことは作っておく。それだけでもだいぶ落ち着いて進められる。

正直ここで大事なのは落ち着いて進められるかだ。焦ると正直早く終わらせたいと思ってしまうときがありそういう気持ちになってしまうので大事なことまたは深堀ができずに終わってしまう。時差というのがありすぐ聞ける環境ではないのでそこはしっかりおさえる。

 

そして心構えは分からなかったら聞き返すこと。

Sorry I cant hearみたいでもいいし。

でもできれば

This means... right?のように自分の理解に間違いがないか確認すること。

相手だってちゃんと伝わっているか知りたい訳で違ったなら分かりやすく教えてもらえる。

 

今やっているのはその二点だ。ご覧の通りまだまだ未熟だなぁと思う。それでも進めていくしかない。発音が悪くても、文法がおかしくともそれは直しながら一歩一歩改善したいと思う。

 

誰かの役にたてれば嬉しいです。

一緒に頑張りましょう。