きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

84.正論だけで打ちのめすことを危険性

開発していてつくづく思うのは正論だけでは人は動かないということだ。

理論武装して相手を打ちのめして仕様を勝ち取ったとしてもその場ではいいとしても相手との関係というのは続くからだ。

その時にやられた感情というのは人は案外覚えていて協力してくれなかったり事を進めるのが難しくなる場合がある。

下町ロケットのようにきれいごとたくさん並べてムカつくやつを打ちのめしてやれれば良いというわけではない。

 

製品開発している様々な機能や工場、営業とぶつかり合う場合は多々ある。そこで気をつけなければいけないのはお互いの立場でそれぞれの正義というのがあるということを理解しなければならないこと。

 

営業だって見積りを少しでも安くしたいだろうし、工場だってできるだけ作りやすくお願いするかもしれない。大切なのはなぜぶつかるような提案しなければならなくなったのかその相手の正義、背景について理解し落としどころを見つけることだと思う。

 

まぁもちろんその正義というのは自分にもあってそこの落としどころというのは結構難しく今だってそれについて悩む日々です。

 

だけど。製品開発でこういう落としどころを見つける導きだすという力というのは必須であり上に上がるためにはそのスキルを身に付けることが当たり前のように必要だと感じている。