きっと誰かの暇つぶし

自動車業界の近くにいる現役エンジニアのクルマと思いつきの記録。

スピードラーニングは本当に効果があるのか

まぁ英語でミーティングはしんどくて仕方ないのだがそれでも少し前進はしている。

 

今まで頭のなかでの処理はこうだ

 

聞く方

英語を聞く→日本語に翻訳処理→理解

話す方

日本語→英語に翻訳処理→英語を話す

 

のような感じだ。頭のなかでの処理とはいえラグがある。そのラグがあるため長い長文を話されると途中で追い付けなくなるため途中の処理を諦めて次の処理を繰り返すのような感じだ。当然すべてを聞き取れないこともある。

また独特の言い回しがある場合その部分でかなり遅れてしまう。ということが悩みだった。

逆に話すほうはゆっくりではあるが変換は可能だ。ただ僕は性質のせいか喋りながら次の言葉が日本語が浮かんでしまいおおいに混乱する。

それが悩みだった。

簡単にかいてあるがこれは無意識で行われてしまうのでなかなかクセがぬけないもので今現在も苦労している。

 

だけどここんとこ流石に改善が見えてきた。

簡単に書くと

聞く方

英語をきく→英語で理解する

話す方

英語のままそのまま文章をくみたてる

のようなことができるようになった(すこしだが)

これが英語脳というやつなのかな。と感じている。このお陰でかなり脳内の処理が簡略され気持ちがよいものになった。むしろそのまま話したくなる。というか結構日本語の脳↔英語脳の切り替えが難しいので変えたくないものがある。

 

で何故できるようになったのか。これは年月というのもあるのだけど一つ毎日NHK ラジオ英会話を聞いているからではないかなと思っている。

 

今までも何回か挑戦してその度にうまく効果出せなかったのだが今回はかえたことがありそれが効いているのかなと考察している。

 

それはラジオ聞くだけでなく声に出して英語を話すことだ。ラジオ英会話でシャドーイングというのやるのだけどこれは相手が話していることをすぐ真似して話すというのやっている。これ結構効いている。

 

というのも訳す暇がなくなって英語を英語で話すようになるからだと思う。上記で書いた英語をきく→英語で理解するをトレーニングできるようになっている。シンプルだけど効果的に思う。

 

で表題のスピードラーニングは効果あるのかという話だけど、これ商法としては聞くだけでといっているのだけどぼくはそれだけだとあまり効果はないとおもう(経験済み)

 

やるなら聞いたものを声に出して話すことだ。これは効果はあるしそしてスピードラーニングは必要最低限の有用なセンテンスがちりばめられているので効果はでると思う。

 

是非英語を話す聞くのを苦労している方はシャドーイングをしてみよう。

 

今日も来てくれてありがとう。